太政のこだわり

ふぐ

 ふぐと言えば、下関、下関と言えば南風泊(みなみはえどまり)漁港。
太政ではその南風泊に専用の生け簀があり、そこから空輸で送られてくるトラフグを使用しております。身はもちろんヘルシー、皮はコラーゲン100%、年齢問わず幅広く召し上がって戴ける健康食の1つです。

ちり酢

 旨みをより増すために2年間保存した上質の利尻昆布、「JA徳島」より直送されてくる
スダチ酢、厳選した醤油、鰹節など、様々な素材を使用しております。
これらを絶妙な調合で、熟練の職人が3日間かけて作り上げた自慢のちり酢です。

 ヤシガラ粒状活性炭・特殊繊維状活性炭・中空糸膜の3段階フィルターを通すことで、美味しい水の基本となるミネラルを含んだ浄水を作り、 さらに食材を使用する場合、特にお出汁をとるのに最適な軟水にして使用しております。

お米

 各地の生産者が土づくりから低農薬、有機栽培等など手間隙を惜しまず努力された
お米を、認定五つ星マイスターである「玄米屋ウエトミ」さんによって、太政専用に四季に合わせ、オリジナルにブレンドして頂いたお米を使用しております。他にない心のこもったお米です。

お漬物

 てっちりを締めくくるのはもちろん雑炊です。
雑炊の味をさらに引き立てるためにお漬物にもこだわりました。
和歌山県の最高級梅干しだけを扱う創業天保五年「五代庵」さんの梅干し、
太政自家製の昆布の佃煮と季節野菜の浅漬けをお出ししております。

鯖寿司

 ふぐと並んで太政自慢の鯖寿司は、その味と値段で長年のファンも多く、
特に脂がのって美味しくなる秋から冬にかけては、売り切れ御免の逸品です。
またさっぱりとした味の小鯛の雀寿司もご好評頂いております。

ひれ酒

 トラフグのひれを天日でじっくりと干し、1枚1枚丹念に焼き上げます。
焼かれたひれに日本酒を注ぐと琥珀色に変わり、生臭さが全くござません。
ふぐのうま味がお酒に移り、香しく癖になるひれ酒でございます。

ふぐユーモア取り組


ユーモア取組みを拡大する